*

3歳児の言語発達について

娘は海外に住んでいるため、2歳頃から5歳まで現地の保育園に通っていました。

家では日本語を話していましたが、当然、保育園では英語なので最初は馴染めるか心配していましたが、周りの保育士の方々の尽力もあって案外すんなりお友達ができ、楽しく通っていました。

ところが3歳になったある日、保育士さんからちょっと相談があるんだけどと声をかけられたのです。

なんでも、娘の英語が同年代の子と比べてちょっと遅すぎる、もう少し喋れるようにならないとお友達とうまく遊べないから、このままだと自尊心が芽生えないというのです。

確かに私も娘の言語発達の遅さには気付いていました。

日本語はもう少し上手でしたが、英語に関してはやはりインプットが少ないせいか2歳児レベルくらいだったでしょうか。

保育士さんのアドバイスで自宅でもできるだけ英語を使うようにしてね、と言われたのですが親がいきなり2言語を使いだすと、子供はさらに混乱すると育児書で読んだことがあったので、さすがに躊躇しました。

試しに数日やってみましたが、やっぱり嫌がられてしまい上手く行きません。

結局、保育園と相談して、日・英バイリンガルの言語スペシャリストの人に園に来てもらい、一定期間観察して、娘の英語・日本語レベルを判断してもらうことにしました。

そのスペシャリストの先生に週1回、1ヶ月ほど観察してもらい、出た結果は「確かに英語は少し遅いけれど、日本語は標準レベル。

特に言語能力に問題ない」というものでした。

この結果にスタッフも私もほっと安堵。

その言葉通り、5歳になった今は同年代の子とほぼ同じレベルまで英語も日本語も喋れるようになりました。

でも、あの時に保育園にプロを呼んでもらって判断していただいたお陰で娘の立ち位置を見極めることができ、今の娘があるんだなあと今も保育園の対応に感謝しています。

保育士求人正社員.com/