*

経験不足に注意!

FXの経験の浅い方がマーケットのポイントを探し出すためには、まず実戦を積み重ねていく事が必要です。

 

とりわけ、先にリスクを察知できるようになるには間違いをすることも経験のひとつ。

 

ミスをするといっても立ち上がれなくなるほど致命的な間違いをする事は話になりません。

 

取り戻せるほどの負けを数度実績を積む事が結果的に自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少額資金で投資して、数度ちょっとした間違いをすることが重要です。

 

仮に、100万円しか投資する余裕が無い場合、よく考えずに100万円を一銭も残さないで投じて売買すると、損した時再起できなくなってしまう恐れがあります。

 

そのため、たとえば資金の10分の1ずつ分割して売買してこれで買ったり負けたりを積み重ねた方が、段々と失敗を回避する手段なども身についていくはずである。

 

はじめにわずかなお金で取引する事の良い点は、先ほど書いたように、己の実戦を増やし損を回避する手法を習得していく事にありますがそれと合わせて、エントリーの回数を多くする事でリスクを少なくできるというメリットもあります。

 

例として、1度限りの売買で利益を上げられる可能性が5割だと考えます。

 

言い換えると、同じく50%の確率で損するリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは二分の一の比率で儲けられる事を意味している。

 

だが、全財産を投資してただ1回の取引をするということは勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

このままではただの賭博と同じです。

 

これは、全てを賭けて1度しかエントリーしないと、負ける危険性が高まります。

 

だからこそ、投資するお金を全額使うのではなく何度かに分けて機会を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

ただ何度かに分けたとしても、全てのエントリーで稼ぐ必要はない。

 

正しく言うと、全部は勝てないのが実際のところです。

 

トレードで重要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝率5割でも、たとえ5割以下でも儲かる時は儲かる。

 

それ以上負けても損が少額ならばわずかな勝利のプラスの大きさだけでうまく利益を上げる事が出来ます。

 

そのために大切な事は損を少なくして、儲けを大きくして覚えておく事です。

 

損したら即損失を確定して、それとは反対に勝った時は可能な限り大きく儲けることが、FX取引初めての方が為替でプラスになるための極意です。

 



コメントする