*

コントロールする事が出来る?

普通のはじめたばかりの人向けのFXの雑誌では、「損失を被った場合はナンピンによってポジション全体のコストをコントロールする事が出来る」等述べられていたりしますが、実際にはこれにはかなり大きな落とし穴がある。

 

まず最初に、ナンピンの手法について簡単に記述しておきます。

例として100円で1ドルを買ったとします。

 

$買いのため円安になれば利益が出るわけだが不幸にして1ドル95円まで円高ドル安方向に触れたとします。

そのままの状態でポジションを保持し続けたら損失が回復するまでには、5円分、ドル高に向わなければなりません。

 

誰もがみんな、損失はなるべく早く取り戻したい願うだろう。

このためはじめに買ったのと同額分の$を1ドル=95円でエントリーします。

 

これで、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで下げることができます2円50銭の幅でドル高が進行すれば赤字を回復できます。

 

こういったことがナンピン買いの方法です。

 

このような、ナンピンの原理を目にすると「まちがいない」と思ったりするが、相場は易々と上手くはいきません。

 

もとより、95円以下にならないとは、誰にも予想できません。

 

仮定として、為替がかなり強い円高基調だとしたら95円ではとどまらず、更に一段のドル安になる危険性がある。

例として、97.50円でナンピン買いをして、1ドル=95円までドル安に向ったらナンピンをしたポジションも、為替差損が生まれてしまいます。

 

それでは、最初に注文したドルと同時に、更なる差損を被ることになる。

この例のように、ナンピンは難しいのだ。

 

それなら、為替相場があなたのシナリオとは逆向きに素早く向ってしまった場合いかなるやり方で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

 

この場合選択できる手段は2つしかありません。

ひとつは潔くあきらめてポジションを諦める事です。

もうひとつは、その段階で、保有しているポジションを縮小することによって、もう一度外国為替市場が戻るのを大人しく待ち望む事だけです。

 

かなり後ろ向きなやり方だとみる人もいると思います。

だがしかし、自分が保持しているポジションに損が出た時、リスクが低い対策はこの他には期待できない。

 

無論、理屈の上では、ナンピンをしてみる方法も有効です。

だけどナンピン買いは損をしている状態にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、それとは逆にポジションを増やしていく方法である。

 

それでは、危険性を管理することなど、どうやってもできないと思ったほうかいいだろう。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

ナンピンをし続けられればやがては利益を上げられるかもしれません。

だが、それより先に資金が無くなってしまいます。

 



コメントする