*

ドキドキしながら

実際にコンピュータの画面の前で絶えず上下動しているマーケットを目を向けていると、注文をしなければいけないという抑えようのない気持ちが生まれる状況も多いと思います。

 

でも、ぼんやりした考えで売り買いをするのだけは絶対に避けてほしい。

 

確かに、相場は1日中、どこかで市場は開かれているし、マーケットも常に変化しています。

 

とは言っても、何度も注文を積み重ねると、その回数だけ損失を被る可能性が高くなってしまいます。

 

もちろん、取引の回数を重ねることによって、勝ち負けの確率が半々になるのは事実。

 

しかしその事は「なんだか分からない直感で取引」してしまうこととは別の話だ。

 

エントリー回数を積むというのは、自分が「ここは勝てる」と思いついたチャンスを得られた状況での売り買いの回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ何となく、絶え間なく売り買いを重ねるのとは全く違う。

 

市場の戦いに臨むには白分でよく考えてメリハリをつけることこそが大事だ。

 

「ここは勝てる」と感じた市場の時にはいっそのこと所持ポジションを増やして、意識して利益を狙います。

 

「頭をかかえる為替相場でどう推移するのか予想できないな」と思案した時はポジションをひとつ残さずクローズして静観します。

 

そのくらいのけじめがあったほうが、最終的には取引は勝てます。

 

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

実に言葉どおりです。

 

相場とは、いついかなる時でもポジションを保持する事が大切ではなくポジションを保持せず何もしないことも場合によってはFXです。

 

じゃあ、どの場面で休みどきなのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述したように、現在の相場展開がはっきりと見通しがきかない時です今からドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、間違って判断すると、作った物語とは違った方向にマーケットが推移してしまい損してしまいます。

 

そのため、そうした場合はポジションを諦め、何もせずに静観を決め込むのが最良の選択です。

 

次に、あなた自身のコンディションがあまりよくない時です。

 

体の調子とマーケットに関係がない感じる方もいるだろうが。

http://maruta.be/exhjem/

現実には大きくつながりがあります。

 

体の具合が悪い時は為替相場の大少なところで必要な判断を下すことができなくなります。

 

やる気がわかない時はトレードから遠ざかる事も大切な事です。

 



コメントする