*

借金整理の道

民事再生という選択は住宅ローンなどもある重債務に悩む債務者に対して住んでいる家を維持したままで経済的に立ち直るために法的機関による借金整理の道として平成12年11月に施行された選択肢です。

 

この法律には、自己破産のように免責不許可となる要素はありませんので賭博などで債務ができた場合においても民事再生手続きはOKですし、破産申請をしてしまうと業務が不可能になってしまう免許で生計を立てているような方でも制度の活用が可能です。

 

自己破産制度ではマイホームを残すことは許されませんしその他の債務処理では、圧縮した元金を支払っていかなくてはなりませんので住宅のローンを含め支払うのは実際のところ難しいでしょう。

 

しかしながら、民事再生による手続きを採用することができれば、マンション等のローン以外での借入は十分な圧縮することも可能なため、余裕を持ちつつ住宅ローンを払いつつそのほかの借金を返していくことができるということになります。

 

ただ、民事再生という選択は任意整理による処理特定調停といった処理とは異なりある部分だけの負債だけを切り取って手続きを行うことはできませんし、破産手続きに適用されるように返済義務それ自体消えてしまうのでもありません。

 

これ以外の方法と比べてある程度時間が必要ですのでマンション等のローンを持っていて住んでいる家を維持する必要がある状況などを除外して、破産申請のような他の解決策がない時の限定された手続きと考えた方がいいでしょう。

厳選ガチブログ



コメントする